07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Robinの管理人

  // 

TCGに関する雑記がメイン。当方が掲載したデッキ・ギミックについては他からの追及に対して特定の効果を及ぼすものではありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【Lycee】リセオープン東京レポート -まだポイント間に合いそうだから- 

気が付けば新弾前日まで全く時間取れてませんでしたね。
というより未だに新居のネットが開通していないことの方が大問題なんですが…

おおよそそんな気はしていましたが、結局大きな大会にしか参加していません。
というより、「公式大会会場で対戦」以外一度も対人で回していません。もう第1弾環境も終わってしまうのに…

考察らしい考察も出来ず、対戦レポートなるものも上げてないので基本的にろくな記事にならないと思いますが、まぁ需要のある方は読んでいただければと思います。

第1弾環境を締め括る最後の大きな大会となりましたLyceeオープン。
景品もかなり豪華で気合の入っていた人は多いのではないでしょうか?
※今回VRレポートを上げた方がいるとかいないとか


3つまで設けられた予選枠も、あとから増設された3枠目の方が当然競争率(この場合は予め申し込みをしていた強い人)を潜り抜けられる可能性も高かったので、人数均等の抽選によって参加する予選枠を設けた方が良かったと思いました。
※システム的な内容はプログラム書ける人次第なんでしょうが。

また、予選抜けた方のデッキリスト提出は義務でしたが、予選の時点では実質変更してもバレなかったので「予選用」に多少チューニングすることもできたのでは?と勝手に思っています。

1敗切りになってしまうと最後のじゃんけん大会まで残る人も少ないよなぁなんて思いつつ、バトルラッシュの開催方法と合わせて、会場から人が流動的に出て行ってしまうのは勿体ないなと感じました。

月単


そんなこんなで今回のオープンも使用デッキは月単です。

名古屋公式で使用したリストからの変更点

減少枠
・キャスター〔メディア〕 2→1
前々から思っていた「環境筆頭となるデッキに対して、部分的に弱い」ことを考慮しての減数。
オーダーステップを持つドレイク・沖田・アルテラに対して、数値で負けている点で初手出し安定キャラとは言いにくく躊躇う場面は多々ありました。
また、召喚コストが月指定4の為、枚数を増やすことによっての必然的に要求されるデッキ内のEX値が足りなくなるため、個人的には0枚でも差し支えないとは考えていました。
ただ、対月・対花に置いては疑似的にでも確実にクロックを重ねることが出来る点、相打ち以上を取れるカードとして非常に優秀な為、0枚にするのはもう一段階「決定的な要素」が必要と感じました。

・令呪2-0
最終的な殴り合いを優先するよりは、DP3+SP2のDEF5換算の方が最終的に凌ぎ切れることが多い為、攻めよりも「致命傷」を防ぐために令呪の枠を丸々カルデアスに変更。
日の玉藻の前ならびに宙のヘラクレス、花のエリザベート+マリーの7点と防ぐことで耐久勝利に直結するカードな為、指定4コストを必要とするカードの枠的にも令呪全抜きを選択しました。

・黄金劇場2-1
令呪を減らしたことによる詰めカードの減少の為、本来は増加させたいところですが、実際に詰めるならば仕事的にはカルデアスと変わらないため、EX値合計値のリスク分を回避するためにもさらにEX値を削りました。

・無理難題2-1
実際には宣言型よりも誘発型能力の方が止めたいものが多く、枠的に言ってしまえばオリジナルポイント枠です。
まず間違いなくコストで切りますが、一度だけエウリュアレ・ステンノの際に打つか迷いました。一瞬だけです()

・佐々木小次郎2-1
飼い殺しの方が強い盤面も多く、実際はSP2が急務ならロビンフッドないしはメディア〔リリィ〕で足りてしまうので、事故防止用のキャラちらし枠です。
仕事的にはカリギュラの方が用途多いですからね。

・クー・フーリン4-3
サブプランとしてのAF要因で採用していましたが、そんなにも盤面に出ることも多くなく、ディルムッド・孔明・ジャンヌにオリオンやプロトタイプを据える盤面構成なので、引いても優先順位が低いことから枚数調整です。

増加枠
・カルデアス0-2
令呪の枠を丸々転換。
令呪の方に理由は書いてありますので、1枚は手札を通過してくれればいいなぁということで2枚投入ということで割愛。

・ディルムッド3-4
名古屋公式の試合中から思っていましたが、キャラちらしを考慮しても、4枚投入して問題との判断の為1枚増強。
というより、ディルムッドのいるいないとでの盤面の圧のかかり方が全然違うので、EX値のリスクを取っても、というよりリスクにならないレベルでこの変更はすんなりと決まりました。

・シェイクスピア2-3
DEF3の増強のため、小次郎の枠をそのまま転換。
信長の一方からの滑り込み等のDEFの低いカードとの受けに迷う判断も多い為、重要視するのならDEFとSPと判断し、ロビンフッドの方を取りました。

・ロビンフッド3-4
無理難題の枠が空いたことによって必然的に投入する枚数が増加となった1枚。
重要な盤面というより、「出せないことがまずい」ことを防ぐ際に重要なDEF3としての活用。

・モーツァルト3-4
序盤で3枚引いてしまった際にあまりにも心許なくなってしまうため、複数通過しても問題ない為、4枚投入。
終盤におけるロック&チャンプ効果は非常に強力。

・カルデア制服2-3
余ってしまった枠。アイテム張られたキャラをカルデアスされてしまうと非常に厳しいため、緊急用のTOP2ドローの可能性を紡ぐために採用となりました。


と、ここまでは先週書いてはいたんですが、続きが全く書けなくて放置気味でした。時間がなかったんですよ…


本戦は1戦目で知り合いと当たってヘラクレスに蹂躙されました。
最初の攻撃でジル×3とカルデアスが落ちて、この時点でジルが4枚見えて他のラインがAP止めがきつくなるわ、対抗策落とされるわでいいとこなしでした。


そのままちょっといいお昼を食べてきて裏オープン1に参加。

結果で言えば4-1で上位6人のところまでは残れましたが、もう少しのところで敗退でした。
対戦の履歴は
宙単
花日
花単
花単
花単
とほとんどが花関連でした。こんなに当たるならメディア2枚欲しかったですね…

マリガン時にメディアがいたらよっぽど酷くない限りとりあえずキープ、他はアタッカー2枚以上でディルムッドorジャンヌ以上キープが今回のキープ基準でした。

所々怪しい動きもありましたが、おおよそミスなく動けていたかと思います。相手の落ちのカードもいい方向に偏っていたこともあり、詰められず、ということもあったので。
メディア〔リリィ〕と孔明のSP3が際立った部分があり、SP戦に持ち込めれば非常に心強かったですね。

最後の花単戦に勝てていれば上位3人に残れていただけに惜しかったなぁとは思っています。
ただ、対戦回数不足は否めませんのでこの結果も致し方なしとは思います。

そんなこんなで第1弾環境が終わり、日付を越えれば第2弾環境の幕開けです。

エンゲージの能力が追加されるようですが、いまだ未知数の部分が大きいので、最初の公式大会の結果に注目したいと思います。
私は福岡までは行きませんので、その次の東京公式ですね。

まぁ間違いなく月単だと思いますので、1週間でいい形に仕上げられたら…と思います。


以上でLyceeオープンは終了です。
次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【Lycee】リセフェスタ名古屋レポート -ちょっと考察的な話も- 

大会レポート関係は時間が許すならしっかり毎回まとめていきたいとは常々思っています。
とりあえず、次回からは引っ越しも終わって適宜更新できそうな気配ではあります。
問題はどれくらいの頻度で大会に出られるか、ということな気もしますが…(定時遅めなので)


ご存知の方は多いかと思いますが、ここの主は基本的に「月」属性しかまともに使えません。
今回はそれっぽい月単を組みまして、オリジナルデッキポイントを狙いつつ、名古屋フェスタということになりました。

引っ越しの準備とかもあり、またまた対戦をする時間もなく、一人回して仮想敵と対策だけは立てていました。
今回も運転手なので睡眠は必須ですからね。

20170403_Nagoya.png

毎回番号順に並べて書いてますのである程度見やすいと思います。
部分的な枚数管理の話は戦績が残せてからした方が説得力が出ると思いますので、基本的にスルーでいいと思います。
気になる方は適当にどうぞ。


LO-0026.png

能力込みでDF2を取れるSP2持ち。
ただし、どのデッキにも「カルデアス」「令呪」が投入されていることからハンド3枚から小次郎出すとハンドに「ある」か「ない」かの情報を与えかねないので、個人的に搭載枚数は抑え目にしています。
後述しますSP3持ちとの相性もあるので投入数は2投です。


LO-0027.png

壁要因としてのDF3持ち。
環境にAF3/1を多く展開する状況が見受けられた際に増やす投入枠として。
お互いにAP止めを意識し合う盤面構成が多く、2ハンド3/1をDF展開することも少なくないので、4枚にはしませんでした。

EX2の3/1が出たら3、全体の割合に応じて4枚に変更ですね。


LO-0029K.png

EX1、3コス、サイドステップ1。
「色の見えない相手に対して初手に引いたら出す」スタイルで今回は1枚です。
※主は物凄い後攻率が高いです
能力もサイドステップも非常に価値がありますが、3/3のスペックはEX2然り、オリオンいたりとで器用貧乏感が拭いにくい1枚です。
入れておくとオリジナルデッキポイントは高いと思います。(ステマ)


LO-0030K.pngLO-0035.png


DMG3とSP3の才児、ダメージ以外ALL3の中役。
マリーのような「見てわかる強い」ではなく、「特定の場面にすごい強いかもしれない」カード。
運用方法としては「対月」で当たった際に、メディア〔リリィ〕と共にサポート:6の値を叩くために、また膠着した際の強制こじ開け効果に期待できます。
盤面を一気に固く出来るので打点レースが平衡推移なら、どちらかは手札で拾って確保してあげたいカードです。


LO-0033K.png

ゲームスピードの可変に対応できる優秀なアタッカー。
ただ、現環境日が多く、対面にRドレイクを出されると憤死しますので3→2の起用枚数。
Rドレイクの対面にジャンヌ、この後反対側にメディアの形なら形としてはアリだと思います。


LO-0087.png

無理やりな打点止めor打点通しカード。
ほぼ詰め用なので落ち切らないことを願うだけです。
相手の詰めカルデアスも、これなら回避できることもあるので、お守りで2枚差してます。


LO-0099.png

引いて打ち切れるほどハンド管理ができるほど煮詰め切れていないので、自信なく令呪2、カルデアス0での構成です。

中盤の打点通しもオリオンが仕事を兼ねているので、無理に残さなくても済む令呪の方が自分のスタイルとして合っていると思いますし。
あと、若干遅めにするぐらいだとハンドアドバンテージ等価でないとジャンヌ考慮しても捲り返せないと思うので。。。



1回戦 宙単:○
2回戦 花月:〇
3回戦 宙単:×
4回戦 花単:×

Total:2-2 ドロップ


1回戦 宙単:○
フェスタ東京優勝者。今回の遠征旅行の同乗者なので番号近かったらヤベェなと思ったらこれですよ。
珍しくじゃんけんに勝ち、ディルムットとジャンヌだったかで対AP受けが非常に心強い。

先行で流して打点レースがトントンでジャンヌあって令呪あれば、のような流れだったと思います。

打点レースのバランスを崩すヴラドさんが入っていなかったのはかなり助かりました…


2回戦 花月:○
メディア〔リリィ〕の横にメディア〔リリィ〕が出てくるまで花単だと思っていました()
ハンドの枚数からカルデアスがだぶついているのかな?と思いましたが、色が合ってなかったのだろうと切り替えDMG3のAFで押し切りの形でした。

エリザベートの対面にカリギュラ待ちできっちり引き込んだので打点止めたのも大きかったです。


3回戦 宙単:×
相手先攻からの打点レースはこちらがやや不利の推移。

途中までSRアルトリアをスルーしてましたが、相手のハンド枚数が5枚で大きく推移しないのを見て、カルデアス1、令呪1ある読みで対面AP3を合わせ、サポートやオダステをさせて打点を誤魔化し、能力を逆手に取りつつ選択を迫りましたが、生き残るのにはジャンヌ能力を通すしかない場面で、カルデアスを私のターン中に先に打たれて負けです。
最後対戦相手に「あること」を聞いてしまいましたが、相手にカルデアスがあった時点で負けなので最終局面的には何も変わらなかったです。


4回戦 花単:×
デッキ構成における最後の詰め手段の判断次第、の結果です。
相手のデッキが「令呪0枚」と分かっていれば私の手番が回ってくる盤面で、私が令呪を通して詰め切りの盤面。
相手のエリザベートをカリギュラで止める形だったので、持たれている1枚のハンドが「令呪」と読み、盤面全てAP止めをしていたため、相打ちの為に能力を宣言した2点と「残していた」アーラシュサポ1点でぴったり負けでした。

アーラシュは残り10枚の時点で1枚しか見えてなかったので、どちらにせよ引かれる確率は非常に高かったですが、大事に残しているようなハンド的に「令呪」読みをする他なかったのがこの結果のような気がします。


この時点で2敗となったのでドロップしてバトラに行きました。
割と月を回している人が多かった印象がありますが、流行り始めたのでしょうか…?


ポイント_0403

単色化して、使用率の全体の属性における割合が高くなってしまったので、オリジナルデッキポイントは前回に比べては少なめです。(それでも多い方かも知れませんが)


岡山は別件があるので見送りですが、近場の大きな大会の告知が出ましたら日程を調整して参加しようと思います。


以上でリセフェスタ名古屋レポートは終了です。
次回もよろしくお願いします。
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【Lycee】リセフェスタ東京レポート -オリオンが使いたいだけ- 

大会レポートを書くとポイントが貰えるそうなので、もれなくフェスタ等の大きな大会等に出た際は書いていこうかと思います。

初めての方ははじめまして、前からご存知の方はちょくちょく顔を合わせていたと思いますが、本記事の描き主のギギと申します。
細かいことは本人に直接聞いていただければと思いますが、Lyceeの頃は壇上経験なしの町人A的プレイヤー、東方銀符律の頃はシルバーコレクター止まりの、そんなプレイヤーです。

使う色は大体「雪」か「月」です。ここにタッチ「花」することが割と多い感じでした。


祝!Lycee復活!
ということで、行ける大きな大会にはどんどん出て行こうかと思っています、対戦された方は是非ともよろしくお願いします。



さて、先日のリセフェスタ東京レポですが、結果から先に言ってしまえば惨敗です。

20170311_Tokyo.png

「誰も使う人がいないであろうカラーリング」の中でも、私が使って何とかなりそうな月花を選択しましたが、まずはこのカラーリングについてです。





LO-0038K.png


月花の方が月単よりも使用率低そうでしたし、とにかく「オリオンが出せるように複色を構築したかった」だけです。


カラーリングの話をするならば、花月の方がより強いですし、オリオンの枠は花ジャンヌの方が「まだ」盤面安心して展開できます。
その場合、対面にダレイオス出されても一応カルデア制服なら越えられるということで。(割り箸は別途考察です)


以上です。


1回戦 日単:×
2回戦 日単:〇
3回戦 宙単:×
4回戦 日単:×

Total:1-3 ドロップ


1回戦 日単:×
初手がかなり弱めで、終わってみれば相手の盤面が全て移動持ちで5体埋められる結果。
後攻に移動持ち3体のガチガチの理想手かつ、苦しまぎれのカリギュラ対面にトップからネロの時点でもうお手上げ。


2回戦 日単:○
1回戦と比べると相手の初手は強くはなかったです。
途中タマモキャット一方からのドレイクアグレッシブ4点を甘んじて受けましたが、それによる2枚ハンド差を最後の受けでお団子を握れてた分で躱しきれました。


3回戦 宙単:×
ヴラド・レオニダス・ギル様の盤面打点に圧殺されそうでしたが、ノーガードのジャンヌ能力-6点、オリオン登場のライン通し、ギル様の能力強要、ファントムメイデン強要と相手へのプレッシャーも多かったですが、詰めに行くにも1点足りず、耐えきるにも1点足りずの最終盤面でした。
2ドローからアグレッシブライダー+マリーサポート+2点を最後見せられたのは意外にも底力はあるなと感じました。感じただけです()

4回戦 日単:×
初手ジャンヌに対してダレイオスを合わせられる+AF金時。黄金劇場が自キャラを移動出来たらどんなにいいかと眺めつつ、オリオンを出し、AP4を合わせてきたら黄金劇場を打とう…って結局最後まで打てず。
AP止めはメディア〔リリィ〕欲しいところでしたが最終盤まで引かず、10点差近くついてるのを巻き返すほどのハンドも追いつかず…
といったところです。


バトルラッシュに移動しましたが、1点足りない試合を3回ぐらいやって「これでは勝てん!」とずっと言ってた気がします。(当たり前)

オリオンのEXが2か、APが4あればまだ話は違うのですが、(ステップ0だと初弾にしては強そう)いかんせん扱いにくいです。
ジャンヌはSPが2あれば相当長く戦えるカードになる強さだと思います。1なので世代交代が来るタイミングも少し早いかもしれませんが、DF4は対面にピンポイントな対抗策を要求しますので、左右のAFどちらかには積極的に置いていきたいところです。(中盤に置くDFが最も強い気がしますが)


大阪は別の大会があるので今回は見送りですが、名古屋には行く予定です。
オリジナリティあふれるデッキの方がポイントたくさん貰えるようなので、試行錯誤していきたいと思っています。
※3/15付で「オリジナルデッキポイント」が3桁入ってました。レポートを書いて貰えるポイントより多いとは…


以上でリセフェスタ東京レポートは終了です。
次回もよろしくお願いします。
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。