07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Robinの管理人

  // 

TCGに関する雑記がメイン。当方が掲載したデッキ・ギミックについては他からの追及に対して特定の効果を及ぼすものではありません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【Lycee】リセオープン東京レポート -まだポイント間に合いそうだから- 

気が付けば新弾前日まで全く時間取れてませんでしたね。
というより未だに新居のネットが開通していないことの方が大問題なんですが…

おおよそそんな気はしていましたが、結局大きな大会にしか参加していません。
というより、「公式大会会場で対戦」以外一度も対人で回していません。もう第1弾環境も終わってしまうのに…

考察らしい考察も出来ず、対戦レポートなるものも上げてないので基本的にろくな記事にならないと思いますが、まぁ需要のある方は読んでいただければと思います。

第1弾環境を締め括る最後の大きな大会となりましたLyceeオープン。
景品もかなり豪華で気合の入っていた人は多いのではないでしょうか?
※今回VRレポートを上げた方がいるとかいないとか


3つまで設けられた予選枠も、あとから増設された3枠目の方が当然競争率(この場合は予め申し込みをしていた強い人)を潜り抜けられる可能性も高かったので、人数均等の抽選によって参加する予選枠を設けた方が良かったと思いました。
※システム的な内容はプログラム書ける人次第なんでしょうが。

また、予選抜けた方のデッキリスト提出は義務でしたが、予選の時点では実質変更してもバレなかったので「予選用」に多少チューニングすることもできたのでは?と勝手に思っています。

1敗切りになってしまうと最後のじゃんけん大会まで残る人も少ないよなぁなんて思いつつ、バトルラッシュの開催方法と合わせて、会場から人が流動的に出て行ってしまうのは勿体ないなと感じました。

月単


そんなこんなで今回のオープンも使用デッキは月単です。

名古屋公式で使用したリストからの変更点

減少枠
・キャスター〔メディア〕 2→1
前々から思っていた「環境筆頭となるデッキに対して、部分的に弱い」ことを考慮しての減数。
オーダーステップを持つドレイク・沖田・アルテラに対して、数値で負けている点で初手出し安定キャラとは言いにくく躊躇う場面は多々ありました。
また、召喚コストが月指定4の為、枚数を増やすことによっての必然的に要求されるデッキ内のEX値が足りなくなるため、個人的には0枚でも差し支えないとは考えていました。
ただ、対月・対花に置いては疑似的にでも確実にクロックを重ねることが出来る点、相打ち以上を取れるカードとして非常に優秀な為、0枚にするのはもう一段階「決定的な要素」が必要と感じました。

・令呪2-0
最終的な殴り合いを優先するよりは、DP3+SP2のDEF5換算の方が最終的に凌ぎ切れることが多い為、攻めよりも「致命傷」を防ぐために令呪の枠を丸々カルデアスに変更。
日の玉藻の前ならびに宙のヘラクレス、花のエリザベート+マリーの7点と防ぐことで耐久勝利に直結するカードな為、指定4コストを必要とするカードの枠的にも令呪全抜きを選択しました。

・黄金劇場2-1
令呪を減らしたことによる詰めカードの減少の為、本来は増加させたいところですが、実際に詰めるならば仕事的にはカルデアスと変わらないため、EX値合計値のリスク分を回避するためにもさらにEX値を削りました。

・無理難題2-1
実際には宣言型よりも誘発型能力の方が止めたいものが多く、枠的に言ってしまえばオリジナルポイント枠です。
まず間違いなくコストで切りますが、一度だけエウリュアレ・ステンノの際に打つか迷いました。一瞬だけです()

・佐々木小次郎2-1
飼い殺しの方が強い盤面も多く、実際はSP2が急務ならロビンフッドないしはメディア〔リリィ〕で足りてしまうので、事故防止用のキャラちらし枠です。
仕事的にはカリギュラの方が用途多いですからね。

・クー・フーリン4-3
サブプランとしてのAF要因で採用していましたが、そんなにも盤面に出ることも多くなく、ディルムッド・孔明・ジャンヌにオリオンやプロトタイプを据える盤面構成なので、引いても優先順位が低いことから枚数調整です。

増加枠
・カルデアス0-2
令呪の枠を丸々転換。
令呪の方に理由は書いてありますので、1枚は手札を通過してくれればいいなぁということで2枚投入ということで割愛。

・ディルムッド3-4
名古屋公式の試合中から思っていましたが、キャラちらしを考慮しても、4枚投入して問題との判断の為1枚増強。
というより、ディルムッドのいるいないとでの盤面の圧のかかり方が全然違うので、EX値のリスクを取っても、というよりリスクにならないレベルでこの変更はすんなりと決まりました。

・シェイクスピア2-3
DEF3の増強のため、小次郎の枠をそのまま転換。
信長の一方からの滑り込み等のDEFの低いカードとの受けに迷う判断も多い為、重要視するのならDEFとSPと判断し、ロビンフッドの方を取りました。

・ロビンフッド3-4
無理難題の枠が空いたことによって必然的に投入する枚数が増加となった1枚。
重要な盤面というより、「出せないことがまずい」ことを防ぐ際に重要なDEF3としての活用。

・モーツァルト3-4
序盤で3枚引いてしまった際にあまりにも心許なくなってしまうため、複数通過しても問題ない為、4枚投入。
終盤におけるロック&チャンプ効果は非常に強力。

・カルデア制服2-3
余ってしまった枠。アイテム張られたキャラをカルデアスされてしまうと非常に厳しいため、緊急用のTOP2ドローの可能性を紡ぐために採用となりました。


と、ここまでは先週書いてはいたんですが、続きが全く書けなくて放置気味でした。時間がなかったんですよ…


本戦は1戦目で知り合いと当たってヘラクレスに蹂躙されました。
最初の攻撃でジル×3とカルデアスが落ちて、この時点でジルが4枚見えて他のラインがAP止めがきつくなるわ、対抗策落とされるわでいいとこなしでした。


そのままちょっといいお昼を食べてきて裏オープン1に参加。

結果で言えば4-1で上位6人のところまでは残れましたが、もう少しのところで敗退でした。
対戦の履歴は
宙単
花日
花単
花単
花単
とほとんどが花関連でした。こんなに当たるならメディア2枚欲しかったですね…

マリガン時にメディアがいたらよっぽど酷くない限りとりあえずキープ、他はアタッカー2枚以上でディルムッドorジャンヌ以上キープが今回のキープ基準でした。

所々怪しい動きもありましたが、おおよそミスなく動けていたかと思います。相手の落ちのカードもいい方向に偏っていたこともあり、詰められず、ということもあったので。
メディア〔リリィ〕と孔明のSP3が際立った部分があり、SP戦に持ち込めれば非常に心強かったですね。

最後の花単戦に勝てていれば上位3人に残れていただけに惜しかったなぁとは思っています。
ただ、対戦回数不足は否めませんのでこの結果も致し方なしとは思います。

そんなこんなで第1弾環境が終わり、日付を越えれば第2弾環境の幕開けです。

エンゲージの能力が追加されるようですが、いまだ未知数の部分が大きいので、最初の公式大会の結果に注目したいと思います。
私は福岡までは行きませんので、その次の東京公式ですね。

まぁ間違いなく月単だと思いますので、1週間でいい形に仕上げられたら…と思います。


以上でLyceeオープンは終了です。
次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://robinmaster.blog135.fc2.com/tb.php/1118-36bb24e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。